海外で初めてのオペラ・ミュージカル!服装とマナー!

オペラとミュージカル、どんな服を着ていけばいいの?

初めに、有名なオペラハウスでもミュージカル劇場でも、ほぼドレスコードはありません。そのため、通常服装で入場を断れることはありません。しかし、その場に合った服装はしたいものです。パリ・オペラ座は、観光客が多い劇場の一つです。「どのような服装でも大丈夫」という情報を読んだのでしょう、見かけた中で一番ラフな服装も日本人。無地のTシャツにトレパン姿でした。最も豪華な結婚式のお色直しのようなドレスを着ていたのも日本人でした。日本には、このような劇場が少ないせいか、適切な服装が難しいようです。ミュージカルでは、初演初日でないかぎり、ラフな格好で問題ありません。Tシャツで問題ありません。逆に結婚式に着ていくような服装では浮いてしまいます。日本で、デパートに買い物に行く気分で服装を選ぶとよいでしょう。オペラは、少々ドレスアップをしている人が多くなります。お気に入りのワンピースや、ジャケットを羽織る程度がオススメです。オペラもシーズン初日は、セレブが着飾りますので、結婚式のカラードレスにタクシードなどドレスアップが必要です。ヴェローナなど、屋外のオペラや音楽祭は、気軽にミュージカル程度の服装が良いでしょう。

観劇のマナーは、日本と同じ!

日本と比較すると海外はあまりマナーがよくありません。しかし、おしゃべりなど音を出す行為は、どの国、どの劇場でもNGです。手拍子しも嫌がれることが多いので、注意しましょう。海外の観客が、写真撮影や動画を撮影している姿も多く見かけますが、これは完全なる違反で、退場や罰金を取られる可能性がありますので。現地の人がマナーが悪いからと言って、それに習わないように心がけましょう。

ヤートラルートでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です