東武日光駅・JR日光駅付近の有名観光スポット情報!

栃木県の日光市とはどんなところ?

日光市は栃木県の中央部から北西部にかけて広がる広大な自治体で、西部は群馬県・北部は福島県と接しています。南部エリアには多数の有名観光スポットがあり、埼玉県や東京都に住んでいる人達の間では短期旅行(1泊2日・日帰り)の行き先として大人気です。

日光市南部エリアのアクセス情報

日光市南部の観光スポット密集地のそばには、東武日光駅やJR日光駅があります。そのうち、東武日光駅は東京都台東区の浅草駅から東武特急けごんで直通で、浅草駅から特急に乗車した際の所要時間は約1時間45分です。また、JR日光線は宇都宮駅から続く短距離路線のため、東京都心や埼玉からの直通電車はありません。しかし宇都宮駅とは東北・北海道新幹線の停車駅のため、宇都宮駅を経由して東京駅から日光駅まで最短1時間50分で到着します。東北地方からだと仙台駅から日光駅まで約2時間半です。

名所1「日光東照宮」

日光市南部最大の名所といわれるのが、徳川初代将軍を祀る神社である日光東照宮です。敷地内には様々なものがありますが入り口そばに位置する建物側面の彫刻「三猿(見ざる・言わざる・聞かざる)」の人気が高く、この場所にはたくさんの観光客が群がります。また敷地内に美術館が建っており、こちらでは約100点の貴重な日本画などが展示されています。

名所2「日光三名瀑の一つである華厳の滝」

日光東照宮と並ぶ人気を誇るのが、裏見滝・霧降滝と共に日光三名瀑の一つに数えられている中禅寺湖付近の「華厳の滝」です。こちらは高低差が約100mある滝で、エレベーターに乗って下からではなく横から滝を見る事も出来ます。

ヤートラルートでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です